宗教の違いによりお葬式のマナーが異なる

親族のお葬式であれば、宗教も分かっており、両親からのアドバイスや親族としてどのようにしてお葬式に参加すれば良いか分かるものです。しかし、仕事関係や友人・知人のお葬式に参列するときには、宗教の違いは非常に大きなハードルになります。宗教別によるお葬式のマナーは非常に細かく異なっており、服装や焼香を行うだけでも違いがあるものです。これが仏教であれば、ある程度理解していることで対応することもできますが、仏教以外の宗教になると知らない人が多く、どのようにすれば良いか悩んでしまうものです。しかし、参加しなければいけない状態になっていると、必要最低限の知識でお葬式に参列することになりますが、知らないと失敗したりマナー違反だったりして、その後の付き合いも問題となってきてしまいます。  

仏教では、宗派によってお葬式のマナーが異なりますが、ある程度対応できるものです。一般的に日本で行う宗教では仏教が圧倒的に多く、マナーや作法でも目にする機会が多くあります。それでも宗派による違いがあり、お葬式のマナーや作法を知っておく事は非常に奥の強いものです。中でも宗派で非常に悩むのが焼香の回数です。宗派により焼香の作法が異なりますが、有名な宗派のマナーを理解しておけば困る事はありません。また、他の参列者のやり方をしっかりと参考にすることで対応することが可能です。そのため、仏教のお葬式のときには、あまり気にせずに参加する人が多いです。

仏教のお葬式とは異なり、神式のお葬式はあまり参列したことがない人も多いです。国内では珍しいもので、宗教観の考え方が大きく反映されているのが神式の宗教になります。神式は、仏教のお通夜や告別式等とは全く違う流れなので、しっかりと理解しておかないと非常に恥ずかしいことになってしまいます。できれば、最初にお葬式に参加するよりも、他の人のやり方を観察することが非常に大切になります。特に、玉串奉奠の作法を間違えないようにしっかり行わなければいけません。経験のない人には非常に難易度の高い作法になります。

神式のお葬式よりも珍しいのがキリスト教のお葬式です。しかし、神式と比較すると決まったマナーや作法がないため、初めての参列でもそれほど心配する必要はありません。それでも必要な注意点はあるので理解しておきたいものです。賛美歌など歌に関する儀式が含まれているので驚く人もいますが、難しい作法やしきたりがないため、周囲のやり方を見て真似することが無難な方法です。キリスト教は流れが独特ですが、分かりにくいわけではないので、最初に行わないように注意すれば失敗せずに行える作法ばかりです。

新着情報

2018年08月09日
ホームページを更新しました。